私たちは奉仕活動を通して社会に貢献します

会長挨拶

田邊浩嗣

 この度、東京新宿ライオンズクラブ第61代会長を拝命いたしました。
 新型コロナ感染拡大が始まり半年程が経過し、いまだに出口が見えません。なんとも言えない健康不安と生活経済の不安。奉仕活動どころではないという声も聞こえてきます。こんな状況で運営するのも大変ですねと気遣って頂ける方も少なくありません。しかしながら、このような状況でも先を明るく見て、今できること今やらなければならないことをやっていければと思います。
 クラブ唯一の宝物であるライオンズ像。前年、その像に「みらいおん」という名前をつけ活発な広報活動をしたことで今まで以上の浄財が集まり、効果的な活動をすれば成果が得られることが実証されて募金活動活性化の大きな一歩を踏み出すことができました。今年はJR新宿駅東口広場改造に伴い「みらいおん」が広場内で移転します。新しい場所で「みらいおん」の認知度をさらに上げ、地域社会の皆様からより多くの義捐金を「みらいおん」の口に投入頂いて災害で困っている方や限りなく可能性のある地域の青少年達へ支援金を届けてまいります。
 クラブスローガンは「誇りある温かいクラブから社会奉仕へ」とさせていただきました。不遜ながら私達のクラブは間違いなくお互いを尊重しお互いを気遣うことができる素晴らしい奉仕団体です。先輩方が培われた誇りあるこのよきクラブ気質を社会に活かして、募金活動に、災害支援活動に、青少年支援活動に全員野球で取り組んでまいります。
 新宿LCは地域社会の皆様に支持され、皆さまから喜ばれる奉仕団体でありたいと考えています。ミッション(使命)、パッション(情熱)、アクション(行動)で、微力ながら力の限り尽くしてまいりますので、皆さまのご支援ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和2年7月1日

東京新宿ライオンズクラブ
第61代会長 田邊浩嗣

会員募集中▲お申し込み・お問い合わせは上記バナーをクリックして下さい。

タイトルとURLをコピーしました