私たちは奉仕活動を通して社会に貢献します

ライオンズクラブとは

ライオンズ概要

ライオンズクラブは、1917年にアメリカのシカゴでメルビン・ジョーンズにより創設され、全世界で210を超える国と地域におよそ47,000クラブ、140万人の会員を擁する世界最大の奉仕団体です。

メルビン・ジョーンズ

 わが国では1952年に東京において最初のクラブ(東京ライオンズクラブ)が結成されました。以来、次々と各地に誕生し、2017年2月現在3,094クラブ、 12万2,000人余の会員が所属しています。

 ライオンズクラブの目的は、「奉仕」こそが、ライオンズのメンバーである私たちの生命であり使命です。奉仕活動は社会が必要とする 全方位にわたり行なわれています。世界で貧困や病気に喘ぐ子供たちを救うため、食糧・医薬品の提供をはじめ、地球環境問題の改善、 献血・骨髄バンクへの協力、献眼・献腎など臓器移植、薬物乱用防止、スポーツ奨励等の青少年健全育成、高齢者福祉、身障者福祉、救急救命士育成、 災害に対する緊急対策・支援、発展途上国への小学校建設、飲料水確保のための井戸の設置など、行政の手が届かない分野にも、過去の経験にとらわれず、 タイムリーな活動を行なっております。

 ライオンズクラブの活動は、クラブ員個人が人間関係を通じて行なうだけでなく、クラブのチームワークを発揮して行なうことにより、また、 同一地域にあるクラブが複数協力することによって、さらに有意義となり高い効果を収めることができます。私たちはこれを「アクティビティ」呼んでいます。 このアクティビティこそがライオンズクラブの奉仕活動の特色です。

ライオンズの語源

世界最大の奉仕団体 ライオンズクラブ

LIONSの名は、強さ,勇気、忠誠、生命活動の象徴であるライオンに由来し
Liberty,Intelligence,OurNation’s Safety
自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる
という、スローガンの頭文字でもあります。

 ライオンというシンボルは、古代から現代にいたるあらゆる国で何世代にもわたって忠誠の象徴とされてきました。それは友人に対して誠実であること、 理念に対し誠実であること、義務に対し誠実であること、信頼に対して誠実であることを意味しています。

 紋章の中央の円には金色の「L」の文字がデザインされています。縁飾りの円には2頭のライオンの横顔が、中央から外に向けて配置されています。

 ライオンは過去と未来の両方を見つめています。これは伝統への誇りと未来への自信を表しています。

ライオンズの理念

ライオンズの誓い
「われわれは知性を高め、友愛と相互理解を養い、
平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」

 自由と知性を尊重し、地球上のすべての人々との間に相互理解の精神を培い、 世界平和に貢献すること。そのために各々がその持てる能力をだし合って人のため、世のために、 一人だは出来ないことを皆でやろうというのが、ライオンズクラブの理念です。

—2018年度—
国際会長 L.クドラン・ビョート・イングバドター
「We Serve」

330-A地区 アクティビティ・スローガン
「思いやりと感謝の心で We Serve」

ガバナーズ・スローガン
「チームワークを発揮して奉仕事業の推進を!」

リツイートする
東京新宿ライオンズクラブをフォローする
東京新宿ライオンズクラブ
タイトルとURLをコピーしました